上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

101022_9023.jpg

【 尻尾が下がって警戒ちう? 】



最近、CSでやっている海外ドラマとナショナルジオグラフィックチャンネルにはまってる
ナショナルジオグラフィックはご存知の通り、動物の写真などで有名だけど
番組も歴史物やミステリアスな現象や都市伝説などを科学的に解明する番組などがあり結構面白い




101022_9024.jpg

【 カカカ 】
カラスを見て鳴いていたフリー



そのナショジオの番組の中に『ザ・カリスマ ドッグトレーナー ~犬の気持ち、わかります~』という番組があり、
犬好きな方以外でも動物が好きな方なら絶対「ほほ~~ぅ」と唸ってしまうような番組なのだ
この番組シーザー・ミランというドッグトレーナーが犬の問題行動や飼い主の心のリハビリをするのだけど
ホント、アメリカのムツゴロウさんではないか?と思うほどマジカルな方なのだ^^;




問題行動とは、犬がある物に執着しすぎたり、パニックに陥りやすかったり、獰猛だったりと色々だ
でも彼はどんな問題行動を起こす犬も、彼特有の「カーミングシグナル」などを駆使してリハビリをしてしまうし、
何より素晴らしいのは飼い主さんの心のリハビリまでしちゃうこと。
問題行動をしてしまう犬の飼い主さんに多いのが、犬をニンゲン扱いしてしまう人が多いらしい。
そうすると犬の性質上、自分がボスでニンゲンが子分のように思いそれが問題行動へと発展するという…

私は猫と暮らしている方が長いけれど、犬も大好きで中学生の頃まで実家では愛犬がいた。
今後、機会があったら犬とも暮らしてみたいと思っているし、この番組はそんな人にもいい番組だと思う。



それでは犬の心のリハビリ(と同時に飼い主さんをもリハビリ)するシーザー・ミランのように
猫さんの心のリハビリをする方法ってないのだろうか?
ねこのきもちを知る方法ってないんだろうか?


101022_8736.jpg

【 遊ぶ? な表情 】




基本野生では群れを作らない猫と群れをなす犬とは性質がちがう
しかし家庭に入った猫さんにもある程度、犬の心のリハビリに学ぶべきところはあるとは思う。
とは言え、やはり猫さんはねこ。
高いところにいる時はエラそうだし、好きな場所で寝るし、爪研ぎだって大事だ
躾にしたってボスがいて群れをなす犬とはちがって
そういった意味で猫さんを『躾ける』ということがそもそも間違っているそうだし^^;

でも実は猫さんにも『カーミングシグナル』で接する方法がある



101022_8298.jpg

【 お水入れに水が少ないと、キッチンの水道蛇口あたりを見上げるズニさん 】
水を入れろ、の行動か^^?



101022_8990.jpg

【 うしし、かまくら を まくらにしたぜぃ
うちうねこごはきっとむずいぜぃ 】

(宇宙猫語はきっと難しいぜ)な表情^^;?



うー、心のメモなんで つらつらと長くなってしまった^^;
カーミングシグナル、ご存知の方も多いとは思いますが
ねこのきもち カーミングシグナルは次回へと続きます~(汗


応援ポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ


camera:CANON Eos Kiss DigitalX
スポンサーサイト
昨日の続き

カーミングシグナル
カーム:落ち着く
シグナル:合図 サイン
落ち着きをもたらすシグナルのこと
犬や猫は言葉を話せないから、ニンゲンたちの側で今動物はどんな気持ちなのかを推察して
対応して行くということ



猫さんはシグナルを発すると同時に行動を変えるらしいのだけど、
尾っぽはニンゲンの言葉と同じくらい気持ちを表現しているらしい
嬉しい時や歓迎ムードのときは尻尾がぴーーんと立ってるときが多く
逆に攻撃的なときなどは、尻尾が下がりボンボンに毛が立って膨らんでいる場合など
皆さんもきっとご存知な尻尾のサインが そのカーミングシグナルのひとつ。

もし攻撃的なシグナルが出てたら、姿勢やジェスチャー・声のトーンを変える・なだめるなど、
その猫さんにあった方法で、落ち着かせるのがベストらしい



101023_8363.jpg

【 ぺろぺろ 】
毛繕いは気持ちを落ち着かせるシグナル


尻尾で言えば他にも
イライラしている時は小刻みに尻尾を振りまくっている
疑問に感じたり面倒くさいな、と思ってる時は尾だけを軽く1~2回振って応える
(これ結構フリーにやられる私って…^^; )


101023_7107.jpg

【 あくび 】
も落ち着いてるわ~のシグナル
ついついニンゲンもあくびがうつっちゃうw
これは「あんたもねむいの?」「うん眠い…」って感じに
ねこさんと会話してることになるらしいヨ




101023_7251.jpg

【 バトル 】



尻尾以外にもゴロゴロ喉を鳴らす、あくびをする、毛繕い、シャー、猫パンチ、…などもシグナル。

躾に関しては…(とっても難しい気がするケドw)
猫さんに大声で「こらっ!」「そこはダメッ!」とニンゲン語で怒鳴ってもダメだそうで
逆に猫さんにとってはニンゲンが威嚇してる…と思われてしまうかも
こちらも言葉ではなくサイン(音や行動)で対抗するのが効果的なのだ

やってほしくないことをやられてしまったとき、発見してから叱るのは最も効果がない
なにかをやった直後に両手をパンと鳴らして(拍手より大きい音ぐらい)みるのが一番効果的

※上がってほしくないとか、危険な場所にいるときなどにはかなり有効だけど
しかし…ウチのゴミ箱ロック解除猫に試してるけど、ニンゲンが見てる前で悪さをすることはまずないw
朝起きたらゴミ箱が…大変なことになってるんだもん^^;


101023_7262.jpg

【 バトルを見ながらのくねくね 】

これはどんなシグナルなのかな^^;?





カーミングシグナル…
要は、猫同士やニンゲンと猫さんが猫語でエネルギー対話をするということで
外猫さんなどに接する時は、とくにカーミングシグナルが重要。

とくに必要とされるサインは攻撃性や怯えなどの表情のカーミングシグナルを逃さないということ
(動物の攻撃性などは、怪我、トラウマ、不適切な扱い が原因らしい)
でも動物の目をじっと見つめたりするのは『攻撃するぞ!』の意味になるので、
(野生のお猿さんが都会に出没することがあるが、もし目と鼻の先で出会ったとしても決して目を合わしてはいけない、というのと同じ理由)
そんな時は真っ正面に見つめるではなく、心持ち目をそらし気味にして静かにゆっくりとまばたきをしたりするのが有効。
気になる地域猫さんや外猫さんを撮りたいとき、また外猫さんを保護するときなど…この方法は結構有効だと思う^^

101022_7982.jpg

【 落ち着いている気分のひととき 】



わんこさんはシーザーミランみたいなカリスマドッグトレーナーがいたら
トラウマや問題行動を解決できるけど、でも猫さんのトレーニングってあまり聞かない。
動物病院などや猫さんのカウンセラーなどで 猫のトレーニングというのもあるにはある
ウチの近所の病院でもあるんだけど、家族に迎えたとき限定だったりするw
猫さんはわんこさんと違って、家族の中の位置づけ(群れの中のボスとか子分とかの意)が厳密でないけど
迎え方を間違えると、先住猫さんの怒りを買ってその後先住猫さんがストレスに陥ったり、
飼い主さんを舐めた態度で攻撃することもあるから
猫語、猫態度を知るってすごい重要だなぁ…と思う。




カーミングシグナルについて考えた理由は
多頭飼いになったとき「この仕草はどういう意味なんだろう」と思うことが多くなってきて
今でも猫さんの発するサインを日々見ては「?」になることも少なくないことから。

少しでもそれぞれの猫サンたちが快適に「落ち着いた」暮らしを送れるようにと考えたからなのだ。
まだまだ調べ足りなくて『猫語』とまではいかないけれど、じっくりこれからも調べて
体現していけたら…と思っている

101023_7985.jpg

【 こんな風に皆がいつも落ち着いていてくれたら嬉しいな 】




余談だけど…
あの猫さんの『ゴロゴロ』音は、猫さんが心をリラックスさせるために出していたりするのだけど
病気の猫さんがリラックスするためにあの『ゴロゴロ』音を出している時もある
そしてその『ゴロゴロ』音はニンゲンの心をリラックスさせ、身体の悪いところを治癒させる効果もある
それがいわゆるキャットセラピーと言われているものらしい。
つまり ニンゲンが撫でる→猫さんがリラックスする→コミュニケーションが深まる→ニンゲンもリラックスする
そう…癒し癒されるという相乗効果があるらしい


そうそう、昨日のコメントにもありましたハイジさん
彼女もすごい方ですよね~~会っていろいろうかがってみたいなぁ。



あーー、すびばせん…今日の方が長くなってしまいましたネ^^;


応援ポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ


camera:CANON Eos Kiss DigitalX



110511_01.jpg

【 もやーん 】

見える見える
フリーが見える

画像の加工はなし。
あるものを単焦点レンズにくっつけて
そのままシャッターを押すと
不思議な画像が撮れちゃうw




そのあるものとは…

110511_02.jpg

【 すりっすりっ~ 】

F:なんにゃ、これ?

これはラップ(大)の芯ヨ。



捨てる前に遊び倒そう!ということで
猫さんの知恵の輪ならぬ知恵の筒!
用意するものはラップ芯(大、なければ普通サイズもOK)
それと猫じゃらし
ほんの少しだけ芯から飛び出る長さのものがベスト
今回私が使用したのはエノコロじゃらし

猫さん、遊ぶときは高い木に登ったり三次元が得意だけど
小さな立体に入ったものを取り出すのは、どうだろう?




セットしたら

110511_03.jpg

【 ちょいちょいっ 】

早速カートがチャレンジ♪
細い空間お手手は筒に入るかな^^?




110511_04.jpg

口を使えるかな^^;?




んでも

110511_05.jpg

かーたん成功!

何度やっても上手に取り出すことができた(^▽^)♪
かーたんは狭い空間から物を取り出すのが得意みたいw



110511_06.jpg

Z:やるわね!




110511_07.jpg

それをじっと見ていたフリー
君はできるかな^^?


つまり猫さんの好きな「チラリズム」を利用して
狭い空間のものをうまく取り出せるかどうか?ということだったんだケド
他の猫さんは、じゃらしが入ってるのは分かってるんだけど
筒を転がして狭い空間の下に押し込んでしまったり
時間がかかったりと
結構、苦手派と得意派に別れました
って、言っても3にゃんしかいないんだけどw
あのよくペットおもちゃコーナーで売っているおもちゃ
ボールにオヤツを仕込んでうまく取り出して、オヤツを食べれるかどうか?
に、似た遊びなのでした~


猫さんたち、昨日はバトルもせず
ちょいと頭を使って身体を動かす運動になったかな?と思います^^



応援ポチッとお願いします。
写真ブログ


camera:CANON Eos Kiss DigitalX
猫写日和
猫日和」では我が家のねこの日常をねこ視点で綴ってきましたが こちらでは猫のいる風景・暮らし、またココロに響いたものを写真と文章、そして心象風景にぴったりなBGMで綴る 私視点の撮影メモです


camera :
  • CANON Eos Kiss DigitalX
  • iphone3G
  • ViviCam 5050


全ての画像の著作権はhana(はな)に帰属します。
画像・記事・文章の無断複写、転用をすることは禁止とさせていただきます。

メールはコチラからどうぞ →
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
gremz
Twitter
検索フォーム
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。